2017.08.02 水 プロジェクトの準備
プロジェクトを始めるまでの準備<後編>
<中編>までの2週間で支援者を集める、そしてプロジェクトページを作り始めるところまでの流れを紹介しました。いよいよ<後編>では、プロジェクトの公開に向けた準備をしていきます。

15日目:メディアに取り上げてもらうために、プロジェクトを紹介するプレスリリースを書きましょう。

→あなたのプロジェクトを宣伝するにはメディアに取り上げてもらうことも重要です。
メディアの記者に興味を持ってもらうためにもプロジェクトの概要と画像をまとめたリリースを作成しましょう。
参考記事:ValuePress!と提携!「プレスリリース配信」Apps追加のお知らせ
http://mag.camp-fire.jp/7769/

16日目:募集期間中に追加する特別なリターンを決めましょう。

→プロジェクトの公開後にリターンを追加することができます。リターンを順次追加していくことで、プロジェクトが常に更新され興味や関心をあおることができます。

17日目:少なくとも10パターン以上、あなたのプロジェクトを紹介するFacebookやTwitterポスト、メールの下書きを書きためましょう。

→プロジェクトを公開すると定期的にSNSなどでの告知をする必要があります。様々なパターンのポストを用意しておくと、何回もあなたのTwitterを見ている人でも飽きずに興味を引くことができる可能性があります。

18日目:公開前連絡用とお礼メールの下書きを作りましょう。

→事前に作成しておいた支援者リストを使って、あなたのプロジェクトが公開されたことを知らせるメールの文章をあらかじめ用意しておきます。また、プロジェクトがサクセスしたら、支援者にお礼と拡散のお願いをすぐに実行するための準備をしておきましょう。

19日目:プレスリリースの配信準備をしましょう。

→プレスリリース配信サービスへの登録、記事の投稿、配信時刻予約など、公開後にすぐにリリースを打てる準備をしておきましょう。

20日目:「ストレッチゴール」を考えましょう。

→プロジェクトが成功してからも支援の募集は続きます。例えば目標金額は100万円であっても、サクセス後に「150万円集まるとプロジェクトを充実させて支援者に還元できる」といった見せ方ができます。
事前にストレッチゴールの布石を考えておくことで、サクセス後でもプロジェクトを盛り上げ目標金額よりも多くの達成金額を目指すことが可能です。
効果的なストレッチゴールを設定した例:https://camp-fire.jp/updates/view/11201

21日目:プロジェクトページを完成させ、公開前に入念にチェックしましょう。

プロジェクトをスタート:プロジェクトを公開し、プレスリリースを打ちましょう。

→プロジェクトの申請後、最短即日で審査結果が通知されます。
審査が完了したら、いよいよあなたのプロジェクトが「公開可能」になります。

プロジェクト管理画面より「公開する」ボタンを押して公開します。

公開と同時にプレスリリースを配信、SNSにプロジェクトURLを投稿するところから、PRを始めていきましょう。
17 件