2017.08.02 水 プロジェクトへの集客
多くの人にプロジェクトを届けられるTwitterの上手な3つの活用事例と参考になる取り組みまとめ
プロジェクトを始めてから、1人でも多くの人に知ってもらうためにもTwitterはどんどん活用していきたいSNSの1つです! そこで今回はTwitterを上手に活用して、プロジェクトを成功させた3つの事例を紹介します!

見てもらう、知ってもらえるTwitter

フォロワーからフォロワーへ、そしてさらに多くのユーザーにプロジェクトを届けられるTwitterを活用することで、全く知らない方から支援をしてもらえる可能性が高まります。このTwitterの特徴を活かして、プロジェクトに注目を集めた3つの事例を紹介します!

世界一ラテアートが楽しめるカフェを原宿に作ります!

3Dラテアートを世界で初めて作ったじょーじさん(@george_10g)のプロジェクトで、 #本日の暇カプチーノ で作り方や完成品を日頃からツイートしており、プロジェクト開始時点ではフォロワー数15万人以上のインフルエンサーのプロジェクトです。

予告ツイートは合計93、告知ツイートは合計173リツイートと拡散しました!
2012年に3Dラテアートを考案し、様々なメディアへの掲載や企業とのコラボイベントをしていく中でも、Twitterなどでの投稿をし続け、現在はフォロワー数18万人以上になっています。メディアなども1つのキッカケではありますが、日頃から投稿し続けていき、フォロワー数を増やしていくことも大事です。

CanCam専属モデル 池田エライザ モデルブック出版プロジェクト

CanCam専属モデルモデルということで、Twitterのフォロワー数は多く、もともと拡散力もありますが、注目する取り組みは共通ハッシュタグです。(#エライザポーズ)
ハッシュタグを上手に活用して、数えきれないほどの投稿をしてもらい、プロジェクトの盛り上がりを演出することに成功しました。

告知ツイートは合計339リツイート、そして残り3時間で70万円超を集めたプロジェクトです!
これが #エライザポーズ の企画で、もしかしたら本に掲載されるかもしれないという、一緒にプロジェクトを作っていくことを共有できる内容となっています!
無料参加企画その1
『みんなで同じポーズを撮ろう!』
●参加条件は、私のTwitterをフォローしてくれるだけでOK! 2か月間(2014年6月7日~7月23日)のどこかで、みなさんにセルカのお題(例えば、#エライザポーズのハッシュタグをつけて、エライザポーズの自分の写真をツイートしてね!とかね)を出します。そうしてお題に沿って投稿してくれたみんなのセルカが、もしかしたら本のどこかに 掲載されるかもしれません いつお題を出すか、楽しみにTwitterをみていてください。

誰でも遊べるゲームカフェ「アソビCafe」東京・神保町にオープン!

Goccoという遊びをクリエイティブにするブランドの代表をしているだてあずみさん(@date_co_pzg)のプロジェクトで、ボードゲームをこよなく愛している方です!

予告ツイートは合計180リツイート、告知ツイートは合計67リツイート。そして開始5分で50万円、開始7時間で100万円を集めたプロジェクトです!
22 件